鬼滅の刃 1巻

鬼滅の刃 第4話 炭治郎日記・前編

鬼滅の刃第4話は、コミックス1巻に収録されています。

 

藤襲山での最終選抜に生き残れば鬼殺隊に入れる。

最終選抜を受けて良いかは鱗滝が決める。

 

そう言われて修行を開始した炭治郎。

毎日罠だらけの山を下る。

罠の難易度もどんどん上がっていく。

 

素振り、受け身の練習、呼吸法・・・

様々な修行を受けるが、禰津子は一向に起きる気配がない。

 

「もう教えることはない」

自分よりかなり大きな岩が目の前にある。

「これが切れたら、最終選抜に行くのを許可する」

 

炭治郎にその岩が切れるのか?!

 

鬼滅の刃 第3話 必ず戻る夜明けまでには鬼滅の刃 第3話 必ず戻る夜明けまでには / 吾峠呼世晴 あらすじ&ネタバレ!冨岡義勇から手紙を受け取っていた鱗滝。炭治郎が鬼殺の剣士として相応しいかテストをします。狭霧山から夜明けまでに麓まで戻ること。しかし山には罠がたくさん散りばめられていて・・・お得に読める電子書籍サイトも紹介しています!...

 

鬼滅の刃 第4話 ネタバレ

鬼殺隊とは鬼を狩る剣士の集団。

その鬼殺隊になるためには藤襲山で行われる最終選抜で生き残らなければなかった。

育手である鱗滝が、炭治郎が最終選抜を受けていいかを決める。

 

そのための修行が始まった。

罠だらけの山を毎日毎日下る。

その罠も体力向上と嗅覚が鋭くなったおかげで、だいぶ避けられるようになった。

しかし、それと同時に罠の難易度が上がっていく。

確実に炭治郎を殺すつもりで仕掛けられている。

 

ある日は刀を持って山を下る。

刀を持つだけで、かなりの自由が奪われすぐに罠にかかってしまう。

 

その刀での素振りも毎日やっていた。

その他にも、転がされまくって受け身を取りすぐ立ち上がる訓練もあった。

刀を構えて鱗滝に向かっていくが、丸腰で素手の鱗滝にかないもしない。

 

またある日は呼吸法を教えてもらう。

それもなかなか出来ず、苦戦する。

そして、禰津子が目覚め無くなって半年経ってしまった。

医者に見せたが異常はなかった。

いつかそのまま禰津子が死んでしまうのではないか。

そんな不安に駆られていた。

 

「もう教えられることはない」

狭霧山での修行を始めて1年経った頃、あとは炭治郎がどう昇華するかだと鱗滝は言った。

炭治郎よりも大きい岩を前に、これが切れたら最終選抜に行くのを許可するという。

 

炭治郎はどうしたらいいのかわからなくなるが、もう鱗滝は何も教えてはくれない。

毎日、今までと同じ内容の修行をこなすが半年経っても切れなかった。

焦る炭治郎は岩に頭突きをしながら自分を鼓舞する。

 

「うるさい!

男が喚くな、見苦しい」

岩の上に現れたのは、狐の面を被った男だった。

 

 

鬼滅の刃 第5話はここ!

鬼滅の刃 第5話 炭治郎日記・後編鬼滅の刃 第5話 炭治郎日記・後編 / 吾峠呼世晴 あらすじ&ネタバレ!錆兎にコテンパンにやられてしまう炭治郎。しかし、その技に感動しすぐ前を向き修行に励みます。錆兎も真菰も炭治郎を支え、応援してくれている第5話。ついに岩が斬れる時がきます。お得に読める電子書籍サイトを紹介しています!...

 

鬼滅の刃 第4話 見どころ

岩を切る試練で現れた錆兎(さびと)

炭治郎よりも大きな岩を切る試練。

炭治郎がとてつもない高い壁にぶつかった瞬間です。

どうしたらいいのかのヒントが全くありません。

いや、鱗滝の修行に全てヒントが込められているのですが、炭治郎が昇華できていないため全く何もできないのです。

 

半年経っても出来なかった炭治郎の前に、錆兎が現れます。

炭治郎が鱗滝の修行の内容を昇華できるように現れたのでしょう。

けちょんけちょんに言われていますが、炭治郎を鼓舞しているのでしょうね。

 

鬼滅の刃 第4話 考察

鱗滝は炭治郎に教えた内容を理解し、自分のものにする時間を与えたのではないかと思います。

のちのちに出てきますが、鱗滝は炭治郎に岩は切れないと思いこの試練を課します。

この大きな岩は、あの最終選別の手鬼を想定しての課題だったのではないでしょうか。

また、炭治郎を手鬼の餌食にさせないために炭治郎が超えられないのではないかという壁を突きつけたのではないかと思います。

 

そして、錆兎は炭治郎に鱗滝の教えを昇華できるよう手助けで出てきたのですが、貶す方法でしか鼓舞できないようですねw

炭治郎が優しく、心が綺麗だから錆兎が現れたのかもしれませんね。

 

 

テキストのコピーはできません。